愛車レビュー バイク

【V85TT】10,000kmインプレ

【V85TT】10,000kmインプレ 17V85TTに乗り始めてついに、10,000kmを走りました。

そして春夏秋冬を経験して気づいた、エンジンの熱さ。

このV85TTに乗って気づいたことや、不満なこと、良かったことを包み隠さず紹介していきます。

念のために私の身体スペックも記載しますので、近い体型の方はご参考にしてください。

きぴろのスペック

  • 身長159cm
  • 体重55kg
  • 股下72cm
    女性の平均的な体型に近いです。
スポンサードリンク

V85TTに10,000km乗ったインプレ

【V85TT】10,000kmインプレ 18
今回は、簡単に良いところと悪いところを解説しようと思います。

このV85TTがどんなバイクか総括すると、「手のかからないアドベンチャーバイク」という感じでしょうか。

良いところ

  • 曲がりやすい
  • 足付きがいいので低身長でも乗れる
  • ギア比の設定が日本の一般道にちょうど良い
  • 連続可能巡行距離が長いので給油の心配が少ない
  • シャフトドライブなので定期メンテナンスが必要ない
  • 立ちごけしても車体に傷がつかない
  • ライトが明るいので道が見やすい
  • クラッチが軽いので手が疲れない
  • オイル交換の量が少ない
  • 冬は足が暖かい

悪いところ

  • 夏場は足が暑い
  • 意外と体に風が当たる
  • 重心が高く重い
  • メーターの情報量が多い
  • ファイナルギア比を変えられない
  • タペット音が気になる
  • エンジンの泥汚れがとても気になる

良いところ

それでは、良いところを詳しく解説します。

曲がりやすい

このV85TTは、走行中に車体を倒したり、起こしたりが力を全く必要とせず、とても曲がりやすいです。

エンジンの回転軸が、進行方向にあるためなのでしょうか。

普通のバイクに比べると、バンクさせるのが非常に楽です

 

足付きがいいので低身長でも乗れる

大型アドベンチャーバイクの中では、V85TTの足付きはかなり良い方です。

というのも、もともとシート高が830mmしかありません。

そこから、ローダウンサスペンションに変更やフロントフォーク突き出しなどをすれば、80mm下げることが可能です。

つまり、シート高を750mmまで落とすことができます。

シートの横幅が広いことを考慮しても、アドベンチャーバイクでシート高750mmは破格でしょう

 

ギア比の設定が日本の一般道にちょうど良い

V85TTのギア比は、日本の一般道路でも全て使い切れる設定になっています。

例えば、ギア6速60km/hでも、快適な回転数で流して走れます

反対に言えば、かなり低速寄りに設定されていますので、高速走行では「(オフロードっぽく)少し頑張ってるかな?」という印象です。

 

連続可能巡行距離が長いので給油の心配が少ない

【V85TT】10,000kmインプレ 19

V85TTを満タンに給油してから、給油ランプが点灯するまで大体400km程度走ることが可能です。この距離は、ストップ&ゴーが多い市街地を含めた距離です。

ツーリングなどの長距離になると、大体500km走ったところで給油ランプが点灯することが多いです。

さらに、急加速などをしないように燃費の良い運転を心がけると、無給油でも600km走ることが可能です。

タンク容量が21Lと大きいことと、長距離時の燃費の良さが相まっているようですね。

【V85TT】10,000kmインプレ 20
きぴろ
ちなみに高速道路よりも下道の方が燃費が良いです。

 

シャフトドライブなので定期メンテナンスが必要ない

V85TTの駆動はチェーンではなく、シャフトドライブとなっています。

シャフトドライブは、チェーンのように定期的に洗浄や注油、本体の交換をする必要がなく、定期メンテナンスを必要としません

雨天時の走行後や、数週間連続で乗るような過酷な走行をしても安心です。

 

立ちごけしても車体に傷がつかない

【V85TT】10,000kmインプレ 21

私のV85TTには純正オプションのエンジンガードを付けています。

このエンジンガードですが、舗装路で転んでしまったとき、エンジンだけでなくタンクまで守ってくれます。(ステップは守れません)

実際、私は何度も立ちごけしてしまっているのですが、車体に傷がつくことは無かったです。

 

ライトが明るいので道が見やすい

【V85TT】10,000kmインプレ 22
純粋にヘッドライトが明るく、街頭のない山道でもしっかり照らしてくれます。

さらに、オプションのフォグライトを付けることで、ヘッドライトでカバーできない手前側を広範囲で照らします。

 

クラッチが軽いので手が疲れない

以前のレビューでも書いていますが、大型バイクにしては、クラッチがめちゃくちゃ軽いです。

クラッチが軽いため、多少の渋滞なら手は疲れないです。

 

オイル交換の量が少ない

V85TTのオイル交換量は1回で大体1.5~1.7L程度です。

250ccバイクでさえ2L以上の交換が必要とされるものもあるのに、大型バイクなのに1.5Lはかなり少ないですね

オイル交換量が少ないと、用意するものが少ないので交換が楽です

 

冬は足が暖かい

エンジンのシリンダーが膝の目の前にあるので、走行中はエンジン熱が足にあたります。

なので、冬場はかなり暖かいです。

10℃〜20℃の気温のとき、走行中の足元の暖かさが気持ちいいと感じます。

ただし、氷点下近くになると、寒さの方が勝ちエンジンの熱の暖かさは感じなくなります。

 

悪いところ

一方で、悪い所も結構あります。

 

夏場は足が熱い

冬場は足が暖かいということは、夏場は足がめちゃくちゃ熱いということです。

ただ、他の大型バイクと違うところは、エンジンが横に張り出しており、熱がフレームに伝わりにくいので、太ももが熱くなることはないです。

走行中の足元の風が熱いので、脛にプロテクターを付けてしまえば、熱風をブロックすることができます

 

意外と体に走行風が当たる

V85TTはアドベンチャー(風)バイクなので、走行風が体に当たらないように設計されているのかなと思い込んでいました。

ですが、実際は意外に体に走行風があたります。

全体的にもう少し、ディフーザーがあったらよかったなと思いました。

 

重心が高く重い

車高の高さ+90°Vツイン+大容量タンクという、重心が高くなりやすい要素が詰まっています。

押し引きのときや、引き起こしのときは重心の高さのせいで、かなり大変です

これに関しては、慣れるしかないですね。

 

メーターの情報量が多い

画面の情報量が多く見えるので、運転中に気が散ってしまうことがあります。

といっても、実際はそこまで多く数値的な情報は多くないので、デザイン的な問題なのかなとも思っています

もっと簡素な表示にしたり、表示を変えられたりできたら良かったなと思います。

 

ファイナルギア比を変えられない

シャフトドライブの特性上、ファイナルギア比を変えることは簡単ではありません。

チェーン駆動のバイクなら、ファイナルのギアが販売されているのですが、シャフト駆動のバイクのファイナルギアを販売していることを見たことがありません。

シャフトでギア比を変えたいなら、自作したり特注したりが必要になります。

V85TTの乗り味は、人によっては「ギア比を高くしたい」ということもあるんじゃないかと思います。(ソースは私)

 

タペット音が気になる

エンジンが温まってくると、すぐにタペット音が発生するようになります。

発進時や急加速時に、結構大きな音でカタカタとなります。

タペット調整をしても治りませんでしたので、これが標準なのでしょう(?)

 

エンジンの泥汚れがとても気になる

【V85TT】10,000kmインプレ 23

タイヤの泥はねが直接エンジンにぶっかかります。

そして、アツアツのエンジン熱によって汚れが焼き付いてしまうのです。

かっこいいグッツィのロゴがあるので、毎回磨くのですが、焼き付いた汚れを取るのは骨が折れます。

 

スポンサードリンク

まとめ

【V85TT】10,000kmインプレ 24

良いところ

  • 曲がりやすい
  • 足付きがいいので低身長でも乗れる
  • ギア比の設定が日本の一般道にちょうど良い
  • 連続可能巡行距離が長いので給油の心配が少ない
  • シャフトドライブなので定期メンテナンスが必要ない
  • 立ちごけしても車体に傷がつかない
  • ライトが明るいので道が見やすい
  • クラッチが軽いので手が疲れない
  • オイル交換の量が少ない
  • 冬は足が暖かい

悪いところ

  • 夏場は足が暑い
  • 意外と体に風が当たる
  • 重心が高く重い
  • メーターの情報量が多い
  • ファイナルギア比を変えられない
  • タペット音が気になる
  • エンジンの泥汚れがとても気になる

合わせて読みたい

おすすめ記事

バイク用ガレージを借りるならハローコンテナ一択の理由 25 1

きぴろバイクの盗難やイタズラが心配だからガレージを用意しようかな… ついでに整備もできたらいいなぁ しかし賃貸や都内ではガレージをおけるスペースってありませんよね。 そんなときはバイク用ガレージを借り ...

下取りよりもバイク王の方が高く売れた話 35 2

きぴろどうせバイクを手放すなら高く売りたい そう思うのが普通ではないでしょうか。 私もバイクを乗り換える時に高く売って、その資金を新しいバイクに当てたいと考えていました。   そこで以前乗っ ...

音楽家が考えるバイクの良い音とは 45 3

このマフラーは良い音するなぁ! バイクのいい音ってなんだろう??きぴろ バイクに乗っていると度々「このバイク良い音する」みたいな話をされるのですが、私はバイクの良い音というのが理解できません。 私は音 ...

-愛車レビュー, バイク

© 2022 きぴろの日記