バイクまとめ バイクアイテム

生産終了した今後のセローはどうなる?

f:id:kipiro:20191219175510j:image

長年愛され続けたセロー250が2020年の最終モデルで生産終了が発表されました。

生産終了してしまったセローの今後はどうなっていくのでしょうか?

スポンサードリンク

長年愛され続けたセローの魅力

なんとセロー250は生産終了を発表していない2019年上半期250ccクラスの販売台数が1300台で6位という売れ筋バイクです。

この販売台数からもセローがどれほどの人気があるか分かります。

 

バイクの頑丈さ

セローの開発にあたりヤマハは「走る」「曲がる」などバイクの基本的な性能テストに加え「転ぶ」というテストをし、非常にタフなバイクに仕上っています。

転ぶことを前提として作られたバイクであるので、頑丈で壊れにくいことからオンからオフまで初心者でも気兼ねなく乗ることができます。

 

扱いやすさ

オフロードバイクとしての扱いやすさはもちろん、車両重量133kgと非常に軽いことから街での取り回しのしやすさもバツグン。

さらにオフロードでネックな足つきもローダウンモデルがあったり、モタード仕様(オンロード用タイヤを履いたオフロードバイク)、ツーリング仕様など選択肢が豊富で幅広い層に合わせることもできます。

 

燃費の良さ

さらにセロー250はどんな走り方をしても平均40km/Lと超低燃費な優等生。タンク容量は9.3Lと多くはないですが、それでも巡航距離がほぼ400kmとたくさん走ってくれます。

 

スポンサードリンク

なぜセローは生産終了になった?

新排ガス規制EURO5

2020年に予定されている新排ガス規制はEURO5同等の規制値になるため、2019年現行のセローでは販売できなくなってしまいました。

とはいえ新しい排ガス規制に対応させることもできます。その場合は何かしらの調整が施されることによりパワーダウンしてしまったり、部品数が多くなりコストが大きくなってしまうことは珍しくありません。

EURO5に対応させることができても、パワーダウンしたセロー250を100万円で販売しても購入する人は少数でしょう。

 

本当は生産終了させたくなかったはず

実は2017年にセローは一旦は生産終了していますが、2018年の夏に新たな排ガス規制に対応したセローが生産販売されました。

しかも2018年にセローが復活したときは排ガス規制に対応させつつ、パワーも上がり、さらに燃費が良くなったというヤマハの技術力に脱帽。

こんなにも愛されているセローを生産終了にさせたくなかったはずです。しかしファイナルエディションを出して生産終了にしたということは新しいセローがでてきたりするのでしょうか?

既にヤマハはセローに代わるバイクや新しいセローの開発がされているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

2020年最終モデルのセロー250

2種類のカラーリングが追加

f:id:kipiro:20191220100559j:image
f:id:kipiro:20191220100556j:image

出典:カラー&スタイリング:SEROW FINAL EDITION - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

ファイナルエディションとして新たにパープリッシュホワイトソリッド1パープリッシュホワイトソリッド1の2種類のカラーリングが追加されました。

このカラーリングは原点回帰を意識して初代セローのカラーリングを模倣しています。

 

内部的なことは変更なし

エンジンなどの内部的な変更点はありません。

 

スポンサードリンク

今後のセローはどうなっていく?

新しいセロー

生産終了されたということで新たなセローがでてくる可能性もあります。

もし新たなセローが作られるとしたら、どんなセローになるのでしょうか、少し予想をしてみましょう。

 

排気量が小さくなるかも

最近ハヤりの150ccクラスのバイクに合わせて150cc版セローが登場するかもしれません。

元々セローは225ccのエンジンを搭載されていたことや、オフロード車ということでその車体の軽さもあり150ccクラスのエンジンを搭載したセローも「アリ」だと思います。

別のエンジンが搭載されるかも

セローに現行で販売されている250ccのエンジンを搭載される可能性もあります。

エンジンを取り替えるだけで排ガス規制に簡単に対応できるわけではありませんが、例えばYZF-R25のエンジンを流用する方法もあります。

ただ現時点でYZF-R25のエンジンを流用してそのままセローを販売することは難しいです。(というかできたらやってる)

 

新しいセローが開発されるかも

やはり一番可能性があるのは新たなエンジンが開発され、それを搭載したセローが販売されることではないでしょうか。もしかしたらその時はセローという名前ではなくなっているかもしれません。

ヤマハの売れ筋バイクでもあるので、そう簡単にセローを終わらせてしまうことはないと信じています。

バイク王タグ 1バイク王タグ 2

合わせて読みたい

合わせて読みたい

おすすめ記事

バイク用ガレージを借りるならハローコンテナ一択の理由 3 1

きぴろバイクの盗難やイタズラが心配だからガレージを用意しようかな… ついでに整備もできたらいいなぁ しかし賃貸や都内ではガレージをおけるスペースってありませんよね。 そんなときはバイク用ガレージを借り ...

下取りよりもバイク王の方が高く売れた話 13 2

きぴろどうせバイクを手放すなら高く売りたい そう思うのが普通ではないでしょうか。 私もバイクを乗り換える時に高く売って、その資金を新しいバイクに当てたいと考えていました。   そこで以前乗っ ...

音楽家が考えるバイクの良い音とは 23 3

このマフラーは良い音するなぁ! バイクのいい音ってなんだろう??きぴろ バイクに乗っていると度々「このバイク良い音する」みたいな話をされるのですが、私はバイクの良い音というのが理解できません。 私は音 ...

-バイクまとめ, バイクアイテム
-,

© 2020 きぴろのバイク日記