キャンプ キャンプアイテム 商品紹介

【コスパ最強!】UCOの焚き火台兼グリル【大人気】

スポンサードリンク

f:id:kipiro:20190417153555j:image

最近キャンパーの中でUCOの焚き火台が流行っています。

なぜ流行っているのか?

それはコスパが良すぎるからです!

実際に使ってみたら良い点しかなかったので紹介します!

スポンサードリンク

安くて丈夫なUCOの焚き火台

このUCOの焚き火台は5000円〜6000円代で販売されています。

その値段にふさわしくないほどの丈夫さとコンパクトさを持ち合わせています!

正式名称は「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット

大小2つのサイズが販売されています。

 

UCO焚火台の収納時は超コンパクト!

実際にどのくらいコンパクトになるのか計ってみます!

大きいタイプと小さいタイプがありますが、大きい方で計測してみます!

f:id:kipiro:20190418085423j:image

収納時は34cm(幅)×24cm(高さ)×2cm(厚さ)になります!

面積的にはA4コピー用紙ほどです!

f:id:kipiro:20190418085850j:image

収納袋も付いており、サイズは36cm(横)×27cm(縦)になります。

f:id:kipiro:20190418090238j:image

 

スポンサードリンク

UCO焚火台のびっくりするほどの耐久力

松を燃やし長時間火柱を上げてみましたが、全くへたっていません!

f:id:kipiro:20190418084120j:image

石焼をするため高温にしました。

f:id:kipiro:20190418090357j:image

山奥でのキャンプは寒いのでたくさん燃やします。

f:id:kipiro:20190418090615j:image

こんな使い方をしても全くものともしません!

f:id:kipiro:20190418091157j:image

 ピコグリルだったら確実にダメになっていましたね。

 

 

UCOの焚火台で2つのサイズどっちがいいの?

f:id:kipiro:20190418083846j:image

大きい方は34cm×25cm×28cm(高さ)で小さい方は24cm×18cm×20cm(高さ)になります。

大きい方はA4コピー用紙より少し大きいぐらいですね。

f:id:kipiro:20190418091626j:image

薪もギリギリはいる大きさです。

薪によっては確実に入りませんが、乗っけてくだけなら大丈夫です。

f:id:kipiro:20190418091750j:image

薪が入らない時こういうのを持っておくと便利です。

大きい方は薪を使用する人、小さい方は炭を使用する人と使い分けが必要になります。

でもやっぱり大きいほうが何かと便利です!

大きい方ならスキレットが二つ入り調理も楽々できます。

f:id:kipiro:20190418092030j:image

 

スポンサードリンク

UCO焚火台のメリット

コスパが高い

2020年AmazonでUCO焚火台の値段を調べたところ、値段が下がり5000円ほどになっていました。

1kg近くある石を乗せても歪まない丈夫さ、高温にしても歪まないので非常に丈夫です。

 

組み立てがめっちゃ楽

商品紹介ページに飛ぶとわかりますが「30秒で組み立て完了!」みたいなこと書いてありますが、実際は10秒もかかりません。

 

映える

なんと言っても「普通に使っているだけで映えます

 

UCO焚火台のデメリット

高さがない

とある芝生サイトのキャンプ場にてUCO焚火台を使い焚き火をしていたところ、管理人から「この焚火台じゃあ高さ足りないね、下にシートか何か敷いてね」と言われてしまいました。

周りの人が使っている焚火台ともほとんど高さ変わらなかったから「まさか、意地悪で言われたのか?」という被害妄想もしましたが、まぁ何かしら言われる高さかの知れないかも…という事だけ書いておきます。

 

重い

総重量は1kgくらいあるのでピコグリルなんかと比べるとやっぱり重く感じてしまいます。

 

キャプテンスタッグから類似品がでた

2019年10月あたりからキャプテンスタッグから価格も抑えられた類似品が出ました。

熱が加わるキャンプ道具っていつかは壊れるからUCOにこだわらず、キャプテンスタッグの焚火台でもアリなんじゃないかな。

【コスパ最強!】UCOの焚き火台兼グリル【大人気】 1

 

さらにピコグリルの類似品もでた

ピコグリルは2万円近くと手が出しにくいキャンプギアですが、5000円という安価なピコグリルの類似品もでました。

強度はUCO焚火台ほどないだろうけど、軽いし薄くなるしバイクキャンパーにとってはこれはかなり嬉しい

といっても私は貧乏ライダーなので5,000円も出して新しいギアは買えないんですけどね…

【コスパ最強!】UCOの焚き火台兼グリル【大人気】 2

合わせて読みたい

合わせて読みたい

おすすめ記事

バイク用ガレージを借りるならハローコンテナ一択の理由 3 1

きぴろバイクの盗難やイタズラが心配だからガレージを用意しようかな… ついでに整備もできたらいいなぁ しかし賃貸や都内ではガレージをおけるスペースってありませんよね。 そんなときはバイク用ガレージを借り ...

下取りよりもバイク王の方が高く売れた話 13 2

きぴろどうせバイクを手放すなら高く売りたい そう思うのが普通ではないでしょうか。 私もバイクを乗り換える時に高く売って、その資金を新しいバイクに当てたいと考えていました。   そこで以前乗っ ...

音楽家が考えるバイクの良い音とは 23 3

このマフラーは良い音するなぁ! バイクのいい音ってなんだろう??きぴろ バイクに乗っていると度々「このバイク良い音する」みたいな話をされるのですが、私はバイクの良い音というのが理解できません。 私は音 ...

-キャンプ, キャンプアイテム, 商品紹介
-,

Copyright© きぴろのバイク日記 , 2020 All Rights Reserved.