バイク バイクアイテム バイクまとめ

バイク用インカムはスマホアプリで十分という話

スポンサードリンク

バイク用のインカムはどれにしようかと迷っている人やバイク用インカムは高くて手が出せないという人もいるかと思います。

しかし5年間毎日バイクに乗ってインカムはスマホアプリで十分だと気がつきました

その理由も詳しく解説していきます!

スポンサードリンク

バイク用インカムはスマホアプリで十分

スマホアプリで十分な理由は全てインカムのデメリットにあります。

 

インカムのデメリット

  • インカム本体が高い
  • 他者製インカムだと接続できない
  • 切断されると再接続が面倒
  • 通信距離に制限がある
  • 盗まれる可能性がある
  • ソロツーだとナビくらいしか用途がない

高価なインカムを購入しても実はあまり使える場面はかなり限られているんですよね。

特にみんなが同じインカムを使用しているわけではないので、他社製インカムで接続できないかったり上手く接続できないことも珍しくありません。

また接続が切れた時に自動で再接続をしてくれるインカムもありますが、他社製のインカムには非対応だったり、そもそも価格がめちゃくちゃ高かったり。

また悲しいことに私のようにほぼソロだと繋げる相手もいないので、ナビを聞くくらいしか用途がないのです。

 

インカムはスマホアプリで十分な理由

スマホアプリでも十分だと思う理由は先程挙げたバイク用インカムのデメリットを全て補えるからです。

 

バイク用インカムのデメリットを全て補える

スマホアプリの場合

  • お金がかからない
  • 通信距離に制限がない
  • 再接続も簡単
  • 通話アプリさえあればスマホはどれでもいい

この時代でスマホを持っていない方が珍しいので、まず通話アプリが手に入らないことはないでしょう。

またスマホをナビ代わりにしている人も多く、どうせインカムにスマホを繋げるならスマホで通話してしまったほうが楽なんですよね

インカム同士を接続して通話をしている人は少なくスマホアプリで通話している人の方が多いのが実態です。

一番のメリットはiPhoneのSiriやAndroidの音声操作アシスタントを使えばスマホを操作することなく通話を開始することができることです。

設定する手間はありますが一度登録しておけば通話が切れても音声操作ですぐに再開することが可能です。

 

何万円と高いバイク用インカムを買う必要はないです

 

スポンサードリンク

インカムにオススメな無料スマホアプリ

インカムの代用として使えるオススメの無料アプリを紹介します!

 

LINE

スマホを持っていればLINEは必ず入れていることでしょう。

今日では業務連絡から個人的な雑談まで幅広く使われているので、スマホを持っていればまず通話することができます。

私もツーリングのときにLINEを使って通話していますが、音質については全く問題なく会話ができます。

またLINEはグループ通話に対応しており人数が多くても対応ができるので便利です。

LINEの良いところ

  • みんな使っている
  • 人数が多くても通話できる

 

SkyPhone

SkyPhoneはスマホアプリで最も音質が良いと謳われている通話アプリです。

またSkyPhoneはメールアドレスや電話番号の登録はしないので、その場でアプリをダウンロードしたら即使うことができます。

ただしSkyPhoneは1対1での通話しか対応していません。

つまり多人数との通話ができないので2人のマスツーやタンデムツーには向いています。

SkyPhoneの良いところ

  • 音質がめちゃくちゃ良い
  • 会員登録が必要ない

 

Discord

あまり聴き慣れないと思いますが、Discordはスケジュールの管理からグループ管理、グループトーク、個人トーク、通話まで幅広く対応しています。

大人数のバイクグループをまとめて管理できるのが最大のメリットです。

ただし導入するためにはそこそこ手順が必要で、これが煩わしいと思う人も多いです。

Discord

  • 大人数を管理できる
  • スケジュールも管理可能

 

スマホアプリをインカムとして使う時の注意点

スマホアプリをインカムとして使うときに注意したいこともあります。

 

山奥だと繋がらないことがある

スマホアプリで通話するとき契約しているキャリアの電波を使うことになります。

キャリアによっては山奥だと電波が入らないことがあり、通話ができなくなります。

今日では山奥でもかなり電波は入るようになってきていますが、一部地域ではまだ電波がないところもあるので注意です。

 

ヘッドセットは別で購入する必要がある

走行中はスマホについているスピーカーやマイクでは走行風や排気音の方が大きいので会話することは難しいです。

なのでちゃんとヘルメットにヘッドセットを導入しましょう。

 

良いマイクを選ぶ

安物のブルートゥースイヤホンのマイクのように音質が悪かったり風切り音を拾ってしまうマイクだと声が聞こえません。

安物の音質の悪いマイクだと音声にノイズが入り全く会話ができませんので注意しましょう。

ヘッドフォンは100均のものでも十分聞き取ることができますが、マイクはしっかりとしたものを選ぶことをオススメします。

といってもバイク用ヘッドセットは3,000円あれば十分な品質のものが購入できるので、何万円と高いマイクを買う必要はありません。

 

中華インカムでも十分対応できます。

【バイク】中華製インカムLX-B2を徹底レビュー!【操作方法解説】

私は仕事の関係で月2回の頻度でロンツー(仕事ダヨ)します。 片道300kmなのですがとても疲れるし暇なので何か対策をしなけれなばと、様々な商品を購入しました。 可変ウィンドスクリーン  ゲルザブ  ウ ...

続きを見る

あわせて読みたい

スポンサードリンク

おすすめ記事

1

250cc以上のバイクには2年ごと車検がありますよね。バイクの車検ってだいたいどれくらいかかるか知っていますか? 車検をもうすぐ控えている方は思わぬ散財になることもあるので、ぜひ知っておきましょう! ...

2

バイクが大好きでバイクに関わる仕事がしたいと思っている人は多いのではないでしょうか? 1990年代以降バイク市場は狭くなっていますが、バイクに関わる仕事はまだまだたくさんあります。   目次 ...

3

これからモトブログを始めてみようと思っている方や、今持っているカメラでモトブログができるのか心配という人もいるかと思います。 モトブログのカメラ選びをするときに重要なポイントが4つあるのでしっかりと押 ...

-バイク, バイクアイテム, バイクまとめ

Copyright© きぴろのバイク日記 , 2020 All Rights Reserved.