バイク バイクまとめ

バイク専門通販Motostormの使い方

バイク専門通販Motostormの使い方 17

バイク専門通販Motostormの使い方 18
きぴろ
あのバイクパーツ欲しいのに日本でどこにも売ってない!

なんてこと、ありませんか?

 

海外のバイクパーツやアクセサリー、ヘルメットやウェアなどなど日本には販売されていない品なら、このMotostormで買うことをオススメします!

Motostormなら日本で買えないバイク用品を簡単に、しかもかなり安く買うことができます

 

先に書いておきますが、ステマじゃありませんよ!

本当に安くバイク用品が購入できるので紹介したかったのです。

 

今回はMotostormの使い方を解説していきます。

スポンサードリンク

Motostormとは

Motostormはイタリアで運営されているバイク用品専門の通販サイトです。

海外通販というと個人輸入など「難しい話があるので嫌だ」という人も多いかと思いますが、日本への販売実績はしっかりあります。

というのもなんと海外サイトなのに日本語に対応しています。(機械翻訳だけど)

英語が苦手という人もとっつきやすいのではないかと思います。

 

取り扱っている商品のジャンルは主にアドベンチャー系やオフロード系、ツアラー系が多いです。

 

実際にどれくらい安くなるのか

Motostormで購入するのと国内で購入するとどれくらいの差が出るのか実際の商品を見比べてみましょう。

例えばGIVIのアウトバッグシリーズDOLOMITIを見てみると、

国内Amazonでは74,500円となっています。

バイク専門通販Motostormの使い方 19

ところがMotostormで同じものを見みると、日本円で約57,113円です。

DOLOMITI Motostorm

ここから送料と税関がそれぞれ4,000円程かかり、おおよそ65,113円となります。

1万円も安く買えてしまうんですよね。

さらにここからもっと安くすることもできるんです。

その方法も合わせて紹介しますね。

 

スポンサードリンク

Motostormの使い方

バイク専門通販Motostormの使い方 20

Motostormを使うにあたって、私たちが用意するものはたった1つ「支払い用のPayPalアカウント」のみです。

 

支払い用のPayPalアカウントさえあれば、準備完了です。

持っていない方は用意しましょう。

 

Motostormの会員登録

まずはMotostormの会員登録をします。

こちらも日本語に対応していますので、基本情報を入力するのは問題ないかと思います。

 

ですが必ず躓くのが日本の住所の書き方ですね。

日本と海外だと形式が大きく違いますので、海外に合わせた書き方に合わせなければいけません。

普通なら言うところなのですがなんとMotostormは日本の住所に対応していますのでAmazonなどの他通販と同様に書いてOKです

日本語で書いてもしっかり届きます。

バイク専門通販Motostormの使い方 21

どうでしょうか?今のところ他の通販サイトと全く変わりませんよね。

 

Motostormでの支払い

先ほど書いたように支払いはPayPal経由のVISAもしくはMasterCradになります。

一応、銀行振り込みにも対応しているのですが日本の銀行ではなく、イタリアのマラテスティアーナ銀行になってしまいますので、あまり現実的ではありません。

 

Motostormに支払われるのは商品代金と配送料のみで、関税は別途支払う必要があります。

 

関税の支払い

関税の支払いについては配送会社によって違いますが、難しいことは特にありません。

ほとんどの場合、USPもしくはフェデックスという配送会社に運送されます。

関税は運送会社が代理で支払い、後日購入者に請求されます。

 

【UPSの場合】

UPSでは商品が日本に到着するとヤマト運輸に切り替わることが多いです。

関税は配達時に徴収されますので、受け取りまでにお金を用意しておきましょう。

ただし商品が手元に届くまでは関税がいくらか知ることはできないので、少し多めに用意しておくのが良いでしょう。

目安としては商品代金の10%ほどを用意しておけば安心です。(実際はもっと安い

 

【フェデックスの場合】

フェデックスでは商品の配達後に関税の請求書が配達先に届きます。

電気、ガス、下水道の支払いのようにコンビニに支払い書を持っていき支払うことができます。

支払いまでの猶予が結構あるので、意外と助かりますね。

 

スポンサードリンク

配達について

バイク専門通販Motostormの使い方 22

配送について一番気になるのは配達時間ではないでしょうか。

大体どれくらいで到着するか気になりますよね。

 

まず一番時間がかかるのが発送元を出発するまでです。

発送元にもよりますが、商品がなかなかその国から出ることができないことが多いです。

基本的には1週間ほどで発送元の国から出ますが、私はココで1ヶ月ほど待たされたことがあります。

 

それ以降はかなり早いです。

発送元の国を出た後は2日ほどで日本に到着します。

日本に到着し、税関を通れば次の日には配達先へ配達されます。

 

配達状況は各運送会社のサイトで追跡できます。

 

スポンサードリンク

少しでも安く買う方法

バイク専門通販Motostormの使い方 23

Motostormで少しでも安く商品を買う方法を3つ紹介します。

安く買う方法

  • 円高の時に買う
  • できるだけ一度に買う
  • クーポンコードを使う

 

円高の時に買う

Motostromでは日本円の表示に対応していますが、こちらはユーロから自動的に変換されて表示されているだけなのです。

なので一定の金額ではないので、円高の時に買うことができれば商品を安く買うことができます。

 

できるだけ一度に買う

Motostormの日本への配送料は商品数や重量、大きさに関わらず、一律で39ユーロです。

つまり何度も注文するよりも一度に買ってしまった方が、配送料を抑えられるというわけです。

 

クーポンコードを使う

Motostormでは頻繁にクーポンコードが配布されています。

アカウント→ディスカウントコードから配布されているクーポンコードの確認ができます。

バイク専門通販Motostormの使い方 24

注文時に必ずクーポンコードを入力しましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

バイク専門通販Motostormの使い方 25

いかがでしたでしょうか!

Motostormでは購入すると日本の代理店を挟まないのでめちゃくちゃ安く買うことが可能です。

 

サイトも日本語に対応しており、私たちが難しいことをする事は一切ありません。

海外通販というと詐欺などが多いイメージはありますが、Motostormは日本を含む各国の販売実績がしっかりとありますのでご安心ください!

Motostorm日本語

楽天査定タグ 26楽天査定タグ 27

合わせて読みたい

合わせて読みたい

おすすめ記事

バイク用ガレージを借りるならハローコンテナ一択の理由 28 1

きぴろバイクの盗難やイタズラが心配だからガレージを用意しようかな… ついでに整備もできたらいいなぁ しかし賃貸や都内ではガレージをおけるスペースってありませんよね。 そんなときはバイク用ガレージを借り ...

下取りよりもバイク王の方が高く売れた話 38 2

きぴろどうせバイクを手放すなら高く売りたい そう思うのが普通ではないでしょうか。 私もバイクを乗り換える時に高く売って、その資金を新しいバイクに当てたいと考えていました。   そこで以前乗っ ...

音楽家が考えるバイクの良い音とは 48 3

このマフラーは良い音するなぁ! バイクのいい音ってなんだろう??きぴろ バイクに乗っていると度々「このバイク良い音する」みたいな話をされるのですが、私はバイクの良い音というのが理解できません。 私は音 ...

-バイク, バイクまとめ

© 2020 きぴろの日記