キャンプアイテム

スポーツバイクでキャンツーはできるの? 1

キャンプ キャンツー キャンプアイテム

スポーツバイクでキャンツーはできるの?

「キャンツーを始めようかな。でもスポーツバイクしか持っていないし…」とスポーツバイクでもキャンツーができるか心配ですよね。 毎週1回以上スポーツバイクでキャンツーをしている私の経験から気をつけたいことなどを解説していきます! スポーツバイクでキャンツーはできるの? スポーツバイクでも事前にしっかりと準備をすればできます。 というのもスポーツバイクでキャンツーするには注意したいことがたくさんあります。   スポーツバイクでキャンツーするときに注意したいこと キャンプ場は舗装されていない ほとんどの ...

キャンツーのテント選びで最も重要な3つのポイント 6

キャンツー キャンプ キャンプアイテム

キャンツーのテント選びで最も重要な3つのポイント

バイクでキャンプに行く「キャンツー」は車で行くキャンプとも違う楽しさがあります。 そんなキャンツーで使用するテントを選ぶときに重要な3つのポイントがあります。 あなただけの最適なキャンツー用テントを探しましょう! キャンツーで最適なテントとは キャンツーに適しているテントとは結論から言いうと... ①収納時の小ささ ②設営と収納のしやすさ ③雨を凌げるかどうか この3つのポイントがあるかどうかで決まります。 ①収納時の小ささ キャンツーに適しているテントは収納時に小さくなるテントです。 バイクの積載量は限 ...

ソロキャンプのお供にiPadをオススメしたい。 7

キャンプ キャンプアイテム キャンプノウハウ

ソロキャンプのお供にiPadをオススメしたい。

ソロキャンプでは何もかも自分ひとりでやらなくてはなりません。時間をつぶすのもひとりでやらなければなりません。 そこでソロキャンプの暇をつぶすためにオススメなのがiPadです。 ソロキャンプは意外と暇 充実した装備があれば快適に過ごすことができるのですが、手慣れてくると設営に時間がかからなくなり意外と時間を持て余します。 そこでソロキャンプでは暇を潰すものが必須となっていきます。 私の暇をつぶす手段として以下のものが挙げられます。 ひたすら焚き火をする コーヒーを自分で淹れる キャンプ道具のメンテナンス 読 ...

ソロキャンプの魅力「ソロキャンプを楽しむためには」 11

キャンプ キャンプアイテム キャンプノウハウ

ソロキャンプの魅力「ソロキャンプを楽しむためには」

ソロキャンプはその名の通りひとりでキャンプをするのですが「ひとりでキャンプして楽しいの?」という疑問を多く問いかけられます。 しかし、ソロでやる楽しさはファミリーキャンプとはまた違った楽しさがあります。 ソロキャンプの魅力 全てが自分のペースでできる ソロでやるキャンプは誰かとペースを合わせる必要がありません。例えばテントが素早く設営できず、お昼を過ぎてしまっても全然OKなのです。 ご飯の時間も自分で決められます。「おなかが空いたら」や「暗くなってきたら」とその時の気分でゆったりと料理ができます。 片付け ...

超大きな前室がついたテント「ステイシーST-2」徹底レビュー 12

キャンプ キャンプアイテム 商品紹介

超大きな前室がついたテント「ステイシーST-2」徹底レビュー

先日Amazonで購入した激安ワンタッチテントに穴が空いてしまい大浸水をしました。 2000円で購入し1年ほど耐えてくれたのでコスパは最強でした! しかし、この機に新しいテントに変えることにしました。 前室が大きいステイシーST-2を購入したので徹底レビューしていきます! ステイシーST-2を選んだ理由 なんといってもその前室の大きさです パニアケースを置き机と椅子を置いても窮屈感は感じられません。 雨を前提にした時この前室の広さは本当にありがたいです。 前室が広いことのメリット 前室が広いとさまざまなメ ...

【コスパ最強!】UCOの焚き火台兼グリル【大人気】 13

キャンプ キャンプアイテム 商品紹介

【コスパ最強!】UCOの焚き火台兼グリル【大人気】

最近キャンパーの中でUCOの焚き火台が流行っています。なぜ流行っているのか?
それはコスパが良すぎるからです!
実際に使ってみたら良い点しかなかったので紹介します!

ゆるキャン△を見てキャンプを始めたい人必見! 14

キャンプ キャンプアイテム 商品紹介

ゆるキャン△を見てキャンプを始めたい人必見!

ゆるキャン△を見てキャンプを始めたいと思う人は結構いるのではないでしょうか? 私もキャンパーなのですが、あんな優雅なキャンプしてみたいなあと思います笑 これからキャンプを始めたいと思う方はこちらをご参考にしてください!  移動手段 まずは道具を考える前にコレを考えましょう! 移動手段によって持っていける道具の量が違いますで、自分に合った移動手段を見つけましょう! 車 最も多くの荷物が運べるので、初心者キャンパーにはおススメです。 また、交通手段でのトラブルも少なく安心してキャンプへ出かけられます。 徒歩+ ...

Copyright© きぴろのバイク日記 , 2020 All Rights Reserved.